有機ハイドライド電解合成

 トルエン/メチルシクロヘキサン系有機ハイドライド法は再生可能エネルギーの効率利用のための技術として注目されています.トルエンと水を用いた電解水素化反応は1段階でメチルシクロヘキサンを合成可能であり,エネルギー変換効率の向上が期待されています.この反応に白金電極触媒が高い活性を示す事が知られていますが,触媒コストに課題があります.
 山中研究室では電解水素化反応のための新規非白金電極触媒の開発を行っています.ルテニウム系電極触媒を用いると高効率で電解水素化反応が進行する事を見出し,世界で初めて非白金電極触媒によるトルエン電解水素化反応を達成しました.
 本研究はCSTI-SIP「エネルギーキャリア」のサポートにより行われています.